下町イスタンブール

イスタンブールの下町で暮らしながら、大阪育ちのじゃりン子な嫁とその旦那が、トルコの素の暮らしを発信するブログです。

トルコ語

第37話 日本でやったトルコ語のための準備

2016/12/12

今回も引き続いてじゃりン子嫁です。

さてさて〜
今日の話は前回の続き 前回はこちら

私たちがトルコに来るまでに
トルコ語をどうやって勉強したか
(今も勉強中)
でしたね。

スポンサーリンク

自分の思考タイプは何かを考える

最初に言っておきますが、
言語の覚え方って個人差があるので
このやり方が正しい、
この方法は間違ってるとか
絶対にないと思います!

人の意見をアレやコレや聞くよりも
自分に合った勉強方法を見つける方が断然近道!

私の場合、
英語もろくに話せない、
なのにマニアックなトルコ語にチャレンジする…

それに悲しいかな、
脳が若くない…💧

とにかく途中で投げ出さず
続けていける方法を見つけることがほんまに大事。

現に私たち夫婦も
勉強の仕方や覚え方、
全く違います!

なので、
これはあくまでも
私と旦那さんの話です。

トルコ絨毯

じゃりン子嫁が日本で準備したトルコ語は?

まず、
トルコに行くまでの事をザックリ話すと、
実は実は私たち、
トルコに移住する事を決心してから
本当にこの異国に引っ越すまでの期間は
たった3ヶ月しかありませんでした😅💨

海外移住は2人の夢やったので、
その前から計画は練っていたんですが、
よっしゃーー
トルコへ行くぞーー‼︎
ってなってからはほんの数ヶ月しかなかった〜😅

もちろんこれまで
トルコ語は耳にした事もなかったです。

イメージ?

あったもんじゃない😁

どうする〜〜
何したらいい〜〜😱💨

海外移住のための準備と
日本の生活の片付けやら
手続きやらもかなり大変😖💨

その合間にできることは…

とりあえず図書館へ行ってみました。
トルコ語辞書と単語集が
本棚の1番下段の
それも超端っこにあった(笑)

見つけた時は
「そりゃそうやろ〜〜需要なし!」
と思った記憶がある😁

その後は
とりあえず100均でノートを買って来て、
図書館で借りてきた単語集を
学生の時ですらやらなかった
ノートにひたすら書いて覚えることにしました。

前もって勉強したのはこれだけ!

正確にはただ自分用の単語帳を作っていただけ。

そもそも暗記するにも限界がある…

だって日本にいると全く使わない、
言葉も耳にしない言語だから
とにかく覚えれない!

結局、
トルコに行って最初に使えた単語は
「ありがとう」
「こんにちは」
この二つだけでした…😅

こんなもんですよね〜

だけど、この単語帳が
後に大活躍してくれました。

移住して生活を始めると、
手続きとか、やらなアカン事が
待った無しで押し寄せて来るし、
まず土地に慣れるだけで
最初は精一杯!

トルコ語の勉強どころじゃない!

そんな中、
のんびり単語帳なんて作成できやしない!

単にスーパーに行くだけでも
トルコ語が必要になってくる。

そんな時、
単語帳があるだけでどれだけ助かったことか…😭

とにかく最初は
毎日どこに行くにも持ち歩いてました。

これはやっていてホンマによかったです!

ではお次、旦那さんはどうやって勉強したかです。

トルコ-イズニックタイル

旦那さんのトルコ語準備

日本でせっせと単語帳をこしらえてる私に
「僕はそういう地道な勉強のやり方はムリやわ」と…

えっ?
なんで?
ただ書いて覚えたらいいだけで簡単やん〜

だけど旦那さんはそれがムリらしい。

そもそもダンナさんの考え方として
言語に限らず、
なんでも物には理由があって
それには成り立ちや目的があると…

だからいつも
新たな事を始める時は
最初にある程度そういう事を調べて
理解してからじゃないと取り組めないんやって😓💦

私からしたら
小難しくてよう分からん😅

だからダンナさんが
最初に勉強したのは
トルコ語の成り立ちと文法でした。

私なんて
最近ようやく分かってきたけどね〜

旦那さんいわく
トルコ語は、モノからモノ、誰から誰へっていう
力の作用を大事にしてる言語だそうな。

それが理解できたら
おのずと文法が組み立てやすくなる
と言っております。

旦那さんは
「東京外国語大学言語モジュール」
(↑リンク張ってないので各自で検索してくださーい)
ってサイトを参考に文法を勉強して
自分なりにノートにまとめてたようです。

ちなみに外大のサイトは他の言語もたくさんあるので
日本ではマイナーな言語を
勉強したい人は参考にしてくださいね

ダンナさんも
この勉強方法が自分に合っていると言ってました。

そう言えばけっこう早い段階で
ダンナさんは文法をちゃんと使って
現地の人と会話してた。

その横で私は単語だけを並べて会話してた。
だって文法分からんもん😁

でもダンナさんは
私より単語数が少なかったので
2人で一つの文が完成するみたいな😂

ダンナさんの組み立てた文法に
私が覚えた単語を入れる。

後はトルコ人の理解力に任せる!

これよくやってました〜

とにかく最初は必死でしたね〜😭😭

日本で用意してきたトルコ語ノート

日本で用意してきたトルコ語ノート

外国で暮らして気づいた事だけど、
言語はそれを話している人々の特徴や
そこの土地をしっかり表現しているんですよね〜

単なる言葉だけではないというか…
言語の質感とか雰囲気とか、、
「現地に飛び込んだ方が早く言葉を覚えれるよ!」
ってよく言うのは
そういう事を肌で感じれるからかもしれないですね〜

フランスで5年間トルコ語を勉強してきた友達は
イスタンブールに最初来た時、
勉強してきた言葉を使って
一生懸命地元の人と会話したけど
「あんたの話しはMerhaba(メルハバ・こんにちは)しか分からんわ💧」
と言われたって😅
トホホ…ショック😖💦

悲しいけど現実は
そういうものなのかもしれない…

では、現地に飛び込んだわたしら夫婦が
トルコでどんな勉強をしたか、次回に続きま〜す😊

トルコに来る前に揃えておきたい本はこちら

トルコ語辞書が欲しい方はこちら

最初の生活はこの本頼りでした
わたしらのオススメ
楽天-旅の指さし会話帳
Amazon-旅の指さし会話帳

-トルコ語
-, , , ,