下町イスタンブール

イスタンブールの下町で暮らしながら、大阪育ちのじゃりン子な嫁とその旦那が、トルコの素の暮らしを発信するブログです。

家探し

第16話 物件をチェックするポイント

イスタンブールの下町で家を探して、契約して、住むという話の第五弾

前回は大事な賃貸屋さん選びについての話でした。

今回は賃貸屋さんと話をしてみて、すすめられる物件の「見る・見ない」の基準と、物件を見る時のチェックポイントを書き出してみました。

スポンサーリンク

2-3 どんな物件を見せてもらうか

賃貸屋さんがすすめる物件がホントに自分の条件に合ってるかは、見てみないとホントのとこは分からないので、目安として、ひとまず家賃を基準に見せてもらうといいと思います。

家賃は最後に交渉して決めたんですけど、値下げ交渉で100TLくらい下がったり、まとめて半年とか1年分払うからさらに値下げしてと言って100TL値下げしてもったりもしました。

なので100〜200TLくらい高い物件でも、とりあえず見せてもらうとよいと思います。

イスタンブールの街並み

イスタンブールの街並み

2-4 物件のチェックポイント

物件を見せてもらってる時に気になることを賃貸屋さんに質問しても、賃貸屋さんにとって都合の良い返事しかしないか、「大した問題じゃないから気にするな」としか言いません。

気になることをどうするかは契約の段階で決めるので、その時は口に出さずグッとこらえて、契約の時に言わないといけないことだけを確認しておきましょう。

2-4-1キレイさ

以前の賃貸屋さんの表の貼り紙の写真にも書きましたけど、「キレイ」って書いてあっても日本人の感覚からしたら全然きれいではありません。

キレイとも書いてない安い物件だったりするとホントにキレイじゃない物件だったりするので、ただびっくりして終わるかも。

前に安いからって理由で賃貸物件見せてもらった時に、窓は割れてて壁はドロドロ、部屋に水が貯まってて、「ここなら安く貸したげるけど、どうや?」っていうおっちゃんがいました。

なめられてるのかマジで言ってるのかホントのとこは分かりませんけど、そんなこともあるわけです。わたしらも、その時は家のひどさにめっちゃドン引きで終わっちゃいました。

壁のペンキは基本的には前の人か大家がお金出して塗るもんで自分で費用を出す必要はないです。でも、入るのが決まってからペンキ塗るって場合はいつまでに終わるのか、そして塗った後のペンキの匂いに何ヶ月も耐えれるのかが分かれ目になります。

2-4-2水まわり

水が関係するところはとにかく弱いです。家を使い始めてすぐに水まわりから水漏れすることがありますけど、それはどこの家も同じなので水まわりの修理屋さんがたくさんあります。

それよりも最初に見せてもらう段階で確認しておきたいのは、水が漏れて部屋に水溜りがあったり、屋根のシミがハッキリあって雨漏りしてるような跡がないかどうかです。もしそういう問題があると住んでから工事が必要になったりします。

トルコの賃貸屋さんは自分が金になる仕事はするけど、自分が払わないといけない仕事はできるだけ先延ばしにするので、もし住み始めても当分は修理してもらえないかも。
なので、見せてもらう段階で大きな水漏れがないか確認しておいた方がよいです。

わたしらの最初の家は1番上の階で雨の日は風向きによって雨漏りがあったんですけど、結局問題無いって言われて1年間直してくれませんでした。ベットの上だったんで雨が降る夜はいつもビクビクでした。

トルコのマンション

トルコのマンション

2-4-3家具と家電

住むのに必要な家具家電ってなんですかね。わたしら的には最低限必要なのは、家電だと冷蔵庫、洗濯機、コンビ(湯沸器)、ガスコンロ。

家具だとベットと、トルコは当然ですけど押入れとかないんでクローゼットも必要かな。

トルコでは買った人が自分で運んで、自分で設置するって概念がほぼないです。店の人にお願いして持ってきてもらって、業者に設置してもらう。

住む編で書きたいと思いますけど、ガスコンロ以外は送料設置費も入れると1000TL前後くらいかかったりする物もあるので、家に家具・家電があるなら使える物がどれだけそろっているか確かめておきましょう。もし自分の条件に家具・家電付きを入れるとしたら、自分で家具家電を買う必要は無いのか、もし買わないといけないなら何を買わないといけないのか目星をつけておきましょう。物件によっては家具付きの家賃と、家具なしで借りて自分でそろえる家賃を選んだりできたりするので、どちらが良いのか契約交渉前に決めておきたいですね。

まとめ

今回は、見せてもらうという物件の基準は、自分の出せる家賃の200TL程高い物件からっていうのと、見せてもらった物件のチェックポイントについてわたしらなりに思ったことを書いてみました。

こんな感じで見せてもらった物件の中に、ここで住みたいって家があればいよいよ1番の山場。

契約交渉です。

自分に合った家はどこに?

自分に合った家はどこに?

じゃりン子嫁の旦那

-家探し
-, , ,