下町イスタンブール

イスタンブールの下町で暮らしながら、大阪育ちのじゃりン子な嫁とその旦那が、トルコの素の暮らしを発信するブログです。

美容

第29話 じゃりン子嫁-トルコで美容室に行くの巻

2016/11/07

男の人はそこまで関心が高くないと思うけど、
女性って美容院はどこに行くか…
これって結構、大事なことの一つですよね〜

多分、
日本で暮らしていても
住む町が変わると
「どうしよ〜いいところまた探さなアカン〜」
って思う。

知り合いに聞いてみたり、
町を散策して自分の気に入った雰囲気のお店に行ってみたり…
私はもともとこの手の事は苦手な方で😅
無難に済ませたい。

だいたいは友達にどこに行ってるか教えてもらう。
あとはずっーーと同じ美容院に通うタイプ。
器用じゃないので自分でカットもできない…

そんな私が最近。
イスタンブールで美容院デビューをついに果たしましたよ〜
↑これ大げさやな~と思ったみなさん!

それが結構大変だったんですから(笑)

スポンサーリンク

トルコの美容室とは?

勝手なイメージ、
ニューヨークやパリなら海外での美容院デビューもそりゃ楽しいかもしれない。

でもなんせここはトルコ…

いや〜別に
センスがないって意味じゃありませんよ〜〜
私だってたいしたセンスありませんから😁

じゃ何が大変って、
またもやここでも大きく立ちはだかる壁が…

「文化の違い」

そう、イスラム教。

この宗教の特徴の一つが
女性はヒジャブ(スカーフ)で髪の毛を覆っている事ですよね〜

理由は
「男性の興味をそそらないようにするため、美の象徴である髪は隠す」
ということらしいです。

トルコではイスラム教の人でも、
個々の習慣、
考えは自由なので
ヒジャブをしていない女性もたくさんいます。

だけど、国の99%がいうても
イスラム教なので

女性=髪

この考えがしっかりあります。

で、話しを美容院に戻しますと、
そもそも町には美容院自体はたくさんあるんです。

が、私(東洋人、イスラム教ではない)
に行ける美容院はあまりない!

そう、宗教と人種で行く美容院が違うんです。

あっ、別にこれは決まりじゃないので
そこは関係なく
「髪をカットしてちょーだい!」
と強くいけばそりゃ美容院やもん…
応対してくれると思うけど

やっぱり暮らせば
その土地のルールというか
常識が見えてくるもので
それはなかなか無理になってくる。

まーお金出せば行ける美容院はあるんです。
でも、そういうとこはけっこう
「私にまかせて!絶対きれいにしてあげるから!」
って言ってこっちの要望を聞いてくれないらしい。

いや、そういうのいらないんで(^^;

普通の美容室でも中は見えにくかったりする

普通の美容室でも中が見えない。ここは大丈夫なのか!?

じゃ!私はどこに行ったらいいの⁉︎

数ヶ月も暮らせば
だいたいの美容院は
見ただけで分かるようになります。

イスラム教の女性が行く美容院は
ガラスに目隠しシートがしっかり貼られていて
中は絶対に見えない。
窓も一切ない半地下にあることが多いかな。

こういうハッキリとしてる店
こんな外人は
中にさえ入れてもらえないかも。

okan(おかん)意味は関西弁のお母さんではなく矢印

店名OKAN(おかん)意味は関西弁のお母さんではなく矢印

もうひとつは人種
私の町はロシア系の人が
多く住んでいるので
ロシア系の人専用の美容院も結構ある

少ないけどドイツ人、
イタリア人専用も。

だいたいそこはトルコ語が通じないし、
一度ロシア系の友達と一緒に
ロシア人専用の美容院に行ったことあるけど、
アウェイ感ハンパなくて
「ここは私の来るトコとちゃう」
と思った…😓

で、いろいろ悩んだあげく私のとった行動。

日本の時からしてきた
無難に知り合いに聞く…

「髪を切りたいねんけど〜」

でも聞く相手は当然トルコ人…
この時点で大半の人の返事が
「えっ、なんで⁉︎短いやん!
そもそも髪は切るもんちゃうよ〜
切らんとき!」
いやいや〜( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

一年以上もほったらかしてた
このボサボサ毛によう言うわ😖

私、肩から数十センチはしっかりありますけどぉ…
それが短い⁉︎

トルコ人女性の困るところ。
女性は髪が長くてあたりまえ!
それがなにより美しいという考え方。

日本ではほぼほぼショートヘアやった私にはとても辛い😭

以前、知り合いの中学生の娘が
腰まであった髪を
夜中に肩くらいまで勝手にカットした姿を
朝ママが見てショックのあまりホンマに寝込んだという…

すごいでしょ…
この感覚。

それで、私は
トルコ人の中でも比較的髪が短めの人を見つけて聞いてみることにした。

赤毛で、
ちとファンキーな人やけど
短かいこと優先!
そこは妥協で😅

結果はオッケー👌‼︎

自分の行きつけのお店に即、電話してくれて
連れて行ってくれたよ〜

正直、もう少し短くてもよかったけどね…

まぁ、髪にハサミを入れてもらえただけでも今回は良しとしよう。

じゃりン子嫁でした。チャンチャン♪

-美容
-, , , , ,